青汁が健康維持にお勧めされる理由とは?青汁を美味しく飲んで健康生活!
青汁は、今や健康ドリンクの代表的なひとつになっていますよね。 青汁は薬ではないので、即効性は無く飲み続けることが重要です。 ここでは、青汁が健康維持におすすめされる理由についてお届けします。

青汁がおすすめされる秘訣について

青汁とは

そもそも青汁の定義と言うのは、「生の緑黄色野菜をすりつぶしたもの」になります。 なので、スーパーなどで購入した生の緑黄色野菜で作った自家製野菜ジュースも青汁です。 しかし、市販の青汁は、大麦若葉やケールなど一般入手が難しい栄養豊富な素材を使用しており、普通の野菜ジュースとは異なります。 青汁は、健康食品として乾燥粉末化したものも、一般的に市販されています。

青汁の人気理由とは

野菜不足を手軽に摂取できる

厚生労働省が行った国民健康・栄養調査で、成人1日の平均野菜摂取量は約300gとなっています。 しかし、本来、成人1日の目標摂取量と言うのは350gで、全く目標摂取量に達していません。 目標摂取量である350gの野菜を食べている割合は約30%足らずで、日本人の70%は毎日野菜不足なのです。 野菜不足は、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素不足な状態なので、効率よく野菜の栄養素を摂取する素材に青汁がおすすめされているのです。

製法や素材の工夫・改善で美味しく飲みやすい

青汁とは、大麦若葉、ケール、明日葉など緑野菜などを中心に搾られたドリンクで、野菜に含まれる沢山の栄養素を摂取することが出来ます。 野菜から摂取したい不足しがちなビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維などを効率的に摂れて、日々の野菜不足を補っていく貴重な土台食品なのです。 また、青汁は「苦くて美味しくない」そんなイメージを持っている方もいると思いますが、 最近の青汁は製法工夫や素材工夫で美味しくなっており、口あたりの良い製品が増えています

青汁の選び方について

飲みやすい青汁を選ぶコツ

フルーツ配合青汁ならジュース感覚で飲める

青汁を継続して飲めるか否かは、味が決め手になりますよね。青汁の味は色々あるので、お茶のような青汁、野菜感がある青汁、甘い青汁など、味にも特徴があります。 よりジュース感覚で飲みたい方にはフルーツ配合青汁がおすすめです。その他、紙パック、瓶入り、冷凍パックなど、これらは安定した飲み心地を楽しめます。

定期購入前にサンプルで味のチェック

また、定期購入を検討する場合には、サンプルで一度試して味をチェックしておくのがおすすめです。 味はメーカーで変わってくるので、自分好みに合う青汁を探してみましょう

手軽に飲める粉末タイプは持ち歩きにも便利

色々な青汁がある中で、おすすめは水に溶かす粉末タイプです。1回分に分包されているので持ち歩きにも便利で、いつでもお手軽に摂取することが出来ます。 「粉っぽさが苦手」と言う方は、溶けやすさにも注目しましょう。メーカーで溶けやすさも違いますし、好みの飲み心地かも確認できると、青汁生活を続けていく際にも安心です。

配合されている野菜で選ぶ

青汁は、野菜不足をサポートしたり、栄養補給したりする為に飲まれる方が多いです。その場合には、栄養が無いものは意味がありませんよね。 どんな栄養素が青汁から摂取出来るのか、きちんとチェックしましょう。 代表的な青汁の原料には、大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉、モリンガなどが挙げられます。 いずれの原料も、健康を維持していく為に役立つものですが、原料ごとに摂取出来る成分も違うので、原料と働きをよく理解して選ぶことがポイントです。

その他の配合成分で選ぶ

青汁は、野菜の栄養素をお手軽に摂取出来る健康食品です。 野菜の栄養には、各種ビタミンや食物繊維などが挙げられますが、近年は、それ以外にも色々と豊富な栄養成分が加わった青汁が市販されています。 例えば、トマトに含まれるリコピン成分入りの青汁、食物繊維やビタミンCが添加された青汁、乳酸菌を添加した青汁などもあります。 このように青汁は、日頃、摂取しにくい成分も青汁と一緒に摂取出来るので、忙しい方にも便利な健康ドリンクとなっています。

おすすめの青汁の飲み方について

冷水割り

冷水割りは、青汁の基本で最もシンプルな飲み方です。 水に溶かして飲む仕様ですが、シェーカーを使用するとダマになりにくく、キレイに溶かして飲むことが出来ます。 冷水で割れば、喉ごし良くスッキリと飲むことが出来、暑い夏や乾燥する冬におすすめです。

牛乳割り

牛乳割は、青汁の苦味が苦手な方、初めて青汁を飲む方におすすめです。 青汁と牛乳を混ぜることによって、ほんのりと甘みのある抹茶ミルク風の味わいになるので、飲みやすくなります。 また、野菜の栄養素はもちろん、牛乳のカルシウムも摂取出来るので、育ち盛りのお子様にも最適な飲み方です。

はちみつ割り

はちみつ割は、青汁とはちみつで飲む、甘くておいしい青汁の味わいに変わります。 牛乳で割った青汁にはちみつを加えることでまろやかな味になり、お子様でも青汁を嫌がらずに飲むことが出来ます。 また、ハチミツは溶けやすいので、少量であってもしっかり甘みを引き出すので砂糖より健康的です。

フルーツジュース割り

最近では、フルーツ青汁もブームになりましたよね。 青汁と言うのは、フルーツとの相性が抜群で、リンゴジュースやオレンジジュースなどで割ると、まるで野菜ジュースのような青汁になります。 また、リンゴやバナナを牛乳とジューサーで混ぜて、青汁スムージーを作るのもおすすめです。

豆乳割り

豆乳割りは、ヘルシーな青汁と豆乳の素材を混ぜた飲み方です。 豆乳の甘みとコクによって、まろやかでクリーミーな青汁になるので、飲みやすい青汁に仕上がります。 植物性タンパク質を多く含む豆乳は栄養バランスも抜群です。

ヨーグルト割り

ヨーグルト割りは、青汁と飲むヨーグルトを混ぜた飲み方になります。 牛乳に比べて低カロリー、且つ、低コレステロールなので、女性やダイエット中にもおすすめです。 飲むヨーグルトと混ぜるだけでも十分ですが、バナナを加えてジューサーすれば、 腹持ちの良い置き換えダイエットにも最適です。

甘酒割り

甘酒割りは、意外な美味しさを味わえる飲み方です。 飲む点滴と注目されている甘酒と、栄養豊富な青汁の組み合わせは、ダイエットや美肌にも効果的です。 甘酒の風味は変わらないので甘酒好きの方にもお勧めです。体にも良い組み合わせ同士なので、試してみて下さいね。

青汁で健康な体を目指す!

青汁は、薬とは違って食品になります。なので、飲んで直ぐに体に効果が出るものでは決してありません。 毎日、継続して飲み続けることで、少しずつ自分の体にその効果が出てくるものです。 また、目に見えた効果と言うよりも、「何となく体の調子がいい!」と言う実感かも知れません。 青汁の材料は、栄養価がとても高く、豊富な栄養素が沢山含まれており、継続して飲むことで体内から健康になっていくことが出来ます。 日頃の野菜不足を補うことで、様々な体質改善や生活習慣病の予防・対策に繋がる食品なのです。

まとめ

ここでは、青汁が健康維持にお勧めされる理由についてお届けしてきましたが、いかがでしたか? 野菜不足の現代人にとって、栄養が豊富な青汁は健康サポートに繋がる健康ドリンクです。 飲み物に入れるだけだと味に飽きてしまう場合には、色々な飲み方のバリエーションもあるので楽しく摂取することも出来るのでおすすめです。 また、昔に比べて飲みやすくなった青汁は、いつもの食事に手軽にプラスできる健康食品のひとつになります。 日常生活の中に青汁を取り入れて健康生活を送っていきましょう。
栄養価が高い桑「創輝」をアレンジ!?

栄養豊富な桑「創輝」をまるごと摂取できる、手軽な健康レシピをご紹介。

おすすめの記事