桑の青汁・桑葉の効能についてなら桑茶ショップ『創輝王』
近年、その効力が話題の「桑の葉」。 実はその歴史は古く、古の人々もそのパワーを期待して体に取り入れていました。 桑の葉の歴史を知れば、そのパワーを実感できるはず。

桑の歴史

桑は養蚕には必要不可欠な植物

桑は絹を生産するために必要な蚕が唯一食べる葉で、養蚕には欠かせない植物です。 蚕の繭から絹の生糸を作る「養蚕」は、今から5~6千年ほど前の中国・揚子江流域で始まり、日本には弥生時代に稲作とともに伝えられたと言われています。 化学繊維が生まれるまでは、生糸を作る養蚕業は大きな産業でした。そのため桑の栽培も全国的に広がりました。

人間の健康とも深い関わりのあった桑

桑の栽培が全国的に広かったことで、一般にも広く知られるようになった桑。しかし、それは繭を作る「蚕の餌」としてであり、人が口にするものとしての認知は逆に低くなってしまいました元来、桑は人間の健康とも関係の深い植物でした。

桑の葉キャンペーンを行ったのは禅僧?

鎌倉時代の医書に書かれた桑の効能

「茶は養生の仙薬なり」で始まるのは、鎌倉時代の代表的な医書の1つ「喫茶養生記」。禅僧・明庵栄西(1141-1215)が記し、鎌倉幕府3代将軍・源実朝に献上したことで知られています。 上下二巻からなるこの書の下巻は「五種の病を桑をもって治療する」という内容で、桑の飲み方や効能が書かれています。 五病とは、「飲水病、中風、拒食、瘡、脚気」のこと。現在の症状では飲水病=糖尿病、中風=脳梗塞の後遺症、拒食=食欲不振を意味します。

中国から伝わった飲茶のひとつ

栄西は中国・宋での留学中に見聞、経験した茶、および桑について帰国後に伝え、日本では栄西以降、本格的に飲茶の習慣が普及したと言われています。

桑の葉のパワーを最大限に

古の人々にも知られていた桑の葉のパワー。現在ではさまざまな研究によって、含まれる栄養素や効能がより詳しく明らかになっています。

桑には魚と同等以上のカルシウム

100グラムあたりの栄養素からみてみると、『創輝』の桑の葉は、カルシウムが3660mg。カルシウムを豊富に含む小魚と同等、もしくはそれ以上といっても過言ではありません。

カルシウムがそこまで多い理由とは?

植物の中では№1の含有量の秘密は、桑の葉の表面には植物で唯一、カルシウムを蓄える細胞があるからなのです。鉄分は15.1mgほうれん草よりもはるかに多くの鉄分を含んでいます。

歴史・医学的にも健康長寿の強い味方

桑には、他にも栄養素をからだに吸収する手助けをするビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCを多く含んでいます。 人間に必要な栄養素をバランスよく、豊富に含む桑の葉は、健康長寿の強い味方。歴史的にも医学的にもそのパワーを人々は実感してきたのです。 現代では、より効率的に美味しく桑の葉を摂取できます
桑「創輝」はただの桑ではありません

従来の桑より栄養価の高い桑「創輝」詳しくは「桑品種 創輝のこだわり」でご紹介。

おすすめの記事