痩せたい人よ、基本をおさえておきましょう

ダイエットを継続させ、効果をあげるには食材選びやカロリーチェックなどが大切です。 基本の「き」を学んで、ダイエットを成功させましょう。

ダイエット中の食事の基本

ダイエットの基本は食事です。痩せやすい体を作るためには、どんな食材を選んだら良いでしょうか。 ポイントをおさえておきましょう。 ・野菜を多く取り入れる ・満腹感を得るための工夫をする(低カロリーでボリュームのある食材を) ・噛みごたえのある食べ物を取り入れる(根菜類など) ・栄養バランスを考える(カルシウムが不足しがち) ・乾物を上手に使う

痩せるためのカロリー目安

「痩せたい!」と決心したら、まずは、1日に自分がどのくらいのカロリー(エネルギー量)をとらなければならないのかを知りましょう。 その上で「1日にこのくらいなら減らせるだろう」と考えるのが、ダイエットが成功する為の近道です。 1日に必要なカロリー量(エネルギー量)は、「基礎代謝基準値×体重×身体活動レベル」で求めることができます。 基礎代謝基準値とは、性別や年齢で異なる指数で、 ・18歳~29歳(女性):22.1 ・30歳~49歳(女性):21.7 ・50歳~69歳(女性):20.7 となっています。 身体の活動レベルは3段階あります。レベルごとに数値を当てはめて計算します。 ・レベル①(座位中心):1.5 ・レベル②(座位中心だが、仕事や家事で移動や軽い運動をする):1.75 ・レベル③(立位中心や運動を定期的にする):2.0 例)40歳・体重50kg・レベル2の女性の場合 21.7×50×1.75=約1900kcal が1日に必要なカロリー量になります。 体重を減らしたいのなら、食事の量を、毎日1900kcalより少なくとればよい、というわけです。 ただし、減らしすぎは危険です。急激に体重を落とせば健康にも影響を及ぼし、リバウンドする可能性もあります

ダイエットは糖質コントロールが肝心!

糖質を下げることがダイエット成功のポイント

ダイエットで減らして良いのは「糖質」です。糖質は過剰に摂取すると血糖値が急激に上がってしまいます。 これを下げるためにインスリンが分泌されますが、インスリンには血糖値を下げる働きだけでなく、 体脂肪を結び合わせるという働きもあります。 つまり、糖質を減らせばインスリン分泌を抑えることができ、結果として体脂肪の合成を抑える為、痩せられるのです。

ダイエットは糖質制限だけが近道ではない

日本人は1日の総摂取エネルギーの約6割を糖質から摂取しているため、糖質を制限する事は難しいものです。 ならば、糖の吸収を緩やかにすればいいのです。「桑の青汁」はその効果が期待される食品です。 いつもの飲み物に加えるだけで、簡単です。
おすすめの記事