妊娠中の体重管理や必要な食べ物の栄養素とは?

妊娠中は、母親が食べたものが消化し、吸収、分解され、胎盤、臍帯を通して赤ちゃんに届けられます。 生まれてくる赤ちゃんと、自身の健康のためにも、しっかりとバランスの取れた食事をしていきましょう。

妊婦さんに必要な栄養素

妊娠中に重要な栄養素は5つ。葉酸、タンパク質、鉄分、食物繊維、カルシウムです。 それぞれの栄養素は体の中で以下のような働きをします。

葉酸

葉酸は水溶性のビタミンB群のひとつです。葉酸を、妊娠前や妊娠中に摂ることで、 赤ちゃんの無脳症や先天性疾患の神経閉鎖障害の発症を予防する事ができます。 さらに葉酸は赤血球の生成を助けるビタミンでもあり、たんぱく質の生合成を促し、細胞の生産、再生を助ける重要なビタミンの一つです。 ほうれん草、アスパラガス、春菊などに多く含まれます。 しかし光や熱に不安定な物質なため、食べものから身体への吸収率には、ばらつきがあります。

タンパク質

タンパク質は、筋肉や臓器など身体を造るために非常に重要な栄養素です。 そして、ホルモンや酵素、免疫物質を合成するための役目も担っています。 カツオや鮭、肉類ならばモモの部位、卵などに多く含まれています。

鉄分

妊娠中は栄養を赤ちゃんに届けるために全身の血液の量が約1.5倍増えるため普段は貧血ではない女性でも貧血になりやすい傾向があります。 鉄分が不足すると、体内の酸素が不足するので、体を動かしたときに息切れや動悸がおきたり、疲れやすくなるのです。

食物繊維

食物繊維は食後の血糖値が上がるのを抑制したり、コレステロールを排出したり、水分を吸収して便の体積を増やす働きがあります。 妊娠中は便秘になりがちなので、食物繊維を積極的に摂ると良いでしょう

カルシウム

カルシウムは赤ちゃんの骨と歯を形成するために重要な栄養素。 妊娠中、特別に多くカルシウムを摂る必要はありませんが、日頃カルシウムが不足しがちな方は妊娠中は特に気を付けて摂取しましょう。

妊娠中は血糖値上昇に注意!

妊娠中は血糖値が上がりやすくなる傾向があります。 血糖を下げる“インスリン”の働きが、胎盤から分泌されるホルモンによって妨害されたり、 胎盤からインスリンを壊す酵素が出たりするため、インスリンの働きが抑制されてしまうからです。 程度が増すと妊娠糖尿病と診断されることもあります

桑の青汁を妊婦さんにおすすめする理由

血糖値の上昇を気にするあまり、糖質を極端に抑えてしまうと、赤ちゃんに必要である栄養素が足りなくなってしまうことがあります。 桑の青汁は妊娠中に必要な食物繊維、カルシウムが多く含まれており鉄分も豊富です。 さらに、糖分の吸収を緩やかにする作用もあります。 食前に飲めば、お腹を満たして食べ過ぎも防いでくれるので体重コントロールにも効果が。 妊婦中は1日1杯、習慣にすることをおすすめします。
従来の桑より「創輝」は優秀?!

マグネシウムが、ごぼうの約1.5倍、カルシウムが牛乳の約33倍もの含有量をほこる桑「創輝」。
栄養バランスが優れている理由をご紹介します。

おすすめの記事