青汁をダイエットメニューや朝ごはんの代わりに「創輝王」

青汁は健康になる為の飲みもの、というイメージを持つ方が多いかもしれませんが、 実はダイエットにも適した食品なのです。 青汁に豊富に含まれる食物繊維はダイエットの強い味方青汁のダイエット効果や飲み方の工夫を紹介します。

青汁ダイエット〜デトックス効果に期待

食物繊維が腸内環境を整える

青汁は、緑葉野菜を原料に作られており、「食物繊維」が豊富に含まれています。 食物繊維には色々な働きがありますが、特に注目したいのが腸内環境を整えるパワーです。 食物繊維は善玉菌のエサとなります。そして、腸内細菌のバランスを保つ「腸内フローラ」を正常に整えます。

腸の活性化で太りにくい体質になる

腸内細菌の種類や数が増えることで腸の動きを活性化させるのです。 腸の働きが良くなれば、体の中の老廃物や毒素が排出され、脂肪が蓄積されるのを防止し、太りにくい体質になることが可能です。

青汁ダイエット〜糖の吸収を抑える

青汁に含まれる食物繊維が血糖値上昇を抑制

食物繊維の特徴に、消化、吸収されずに胃の中で長く留まるという性質があります。 ゆっくりと腸へと移動していくので、結果的に血糖値が上がるのを抑えてくれます

血糖値の上昇が痩せにくい体質になる要因

ではなぜ血糖値を上げないことがダイエットに大切なのでしょうか? 糖質を摂ると血糖値が上昇し、血糖値を下げるためにインスリンというホルモンが、膵臓から分泌されます。 実は、このインスリンには血液中の糖分を脂肪に換えて体にため込む働きがあるからなのです。 急激に血糖値が上がると過剰にインスリンが分泌され、脂肪をため込みやすい体になってしまいます。

桑の葉特有の成分「1-デオキシノジリマイシン」

桑の葉には「1-デオキシノジリマイシン」という成分が含まれており、 炭水化物などの糖の吸収をゆるやかにするという働きがあることがわかっています。

青汁の効果的な飲み方

青汁ダイエットは毎日継続する事が重要

青汁を飲みさえすれば簡単に痩せられる、、、残念ながらそんなことはありません。 食事で必要なカロリーや栄養素を摂りつつ、青汁をちょっとずつ、毎日飲んでいきましょう

青汁を効果的に飲むタイミング

では、いつ飲むか。お薦めは「食前」です。青汁には満腹感を得られる食物繊維がたっぷりと詰まっています。 腹持ちが良く、満腹感が得られやすいのです。 1杯の青汁を、食前に飲むことで、食物繊維がお腹の中で膨らみ、満腹感を与えられることで食べ過ぎを防止することができます。 食事前だけでなく、小腹が空いた時などに取り入れるのも良いでしょう。

青汁を飲む量の目安

青汁を飲む目安の量は、1食あたり100~150ml(コップ1杯程度)。 ダイエットの結果をはやく出したいからと大量に飲むのは要注意です。 まずは、一日1杯から始めてみましょう。
おすすめの記事