青汁でダイエット!青汁のダイエット効果とお勧めのダイエットレシピ!
青汁ダイエット最大の魅力は、何と言っても「飲むだけで良い」という点です。なので、誰にでも簡単に実践することが出来る、お手軽なダイエット方法になります。 また、体重を減らすことだけが目的では無く、健康や美容にも効果を発揮します。ここでは、そんな青汁ダイエット効果とおすすめダイエットレシピをお届けします。

何故、青汁でダイエット出来るのか?

ダイエット中の食事は栄養バランスが偏りがち

現代人の食生活は、非常に偏りがちですよね。ファストフードやコンビニ食は便利な食品ですが、知らない内に食物繊維不足に陥ってしまっています。 特に、ダイエット中の方であれば、食事制限をしたり、偏りのあるダイエット食生活をしていたり、バランスの乱れた間違ったダイエットをしがちです。 食事量を減らすことは、一時的な体重減量になりますが、減っているのは筋肉なので脂肪は落ちていません

筋肉量を減らすことなくダイエットできる

筋肉は、体のポンプの役割を担っており、筋肉が減ると基礎代謝が下がって、血液や栄養が全身に行き渡らなくなる恐れがあります。 青汁こそ、偏った食生活を送っている現代人、また、ダイエット中の方におすすめ出来る食品なのです。

ダイエットに効果的な食物繊維が豊富

青汁には、野菜の栄養素を効率的に摂取し、また、ダイエットに効果的な食物繊維が豊富に含まれています。 食物繊維は便秘解消やデトックスが期待出来、腸内環境を整える重要な成分です。また、食後の血糖値やコレステロールなどの上昇抑制効果もあります。 これらが肥満防止対策となって、太りにくい痩せる体作りに貢献してくれます。

青汁ダイエットで痩せる理由とは?

低カロリーで栄養素が豊富

青汁には、ビタミンCやビタミンK、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維など、栄養価が高い成分が豊富に含まれています。 また、野菜ジュースよりも低カロリーでありながら、ダイエット中に不足する栄養素をしっかり補っていくことが可能です。 栄養素が豊富に含まれた青汁摂取は、肌荒れせず美しくダイエットが出来ます。そして、食物繊維・カリウムでデトックス出来ます。

便秘改善・食べ過ぎ予防の効果

青汁には食物繊維が豊富に含まれており、継続して飲み続けていると便秘改善に繋がります。なので、青汁摂取でお腹周りがスッキリする方も多いです。 また、カリウムも豊富なので、体内の余分な塩分を排出してくれます。そして、食べ過ぎ予防にも繋がります。 青汁を食前摂取することでお腹が先に膨れるので、食べ過ぎ予防になります。食前に青汁を飲んで食事を控えめにすると、効果を実感しやすいです。  

青汁のダイエット効果とは?

腸内環境を整える

第6の栄養素である食物繊維が腸を活性化

青汁は、緑葉野菜が原料です。第6の栄養素と言われている食物繊維が豊富で、食物繊維の作用が腸内環境を整えてくれます。 食物繊維は善玉菌の餌となって、腸内フローラを正常に整えて腸を活性化します。

脂肪蓄積を防ぎ太りにくい体質をつくる

なので、体内が上手くデトックスされ、老廃物や毒素を排出することはもちろん、脂肪蓄積を防いで太りにくい体質を作っていきます。 また、青汁の食物繊維は、ダイエットに天敵である便秘解消にも繋がりお腹もスッキリします。

満腹感を得ることが出来る

青汁に含まれる食物繊維は、腹持ちを良くして満腹感を得られやすくしてくれます。 食前に青汁を飲むことによって、食物繊維がお腹で膨らむので満腹感を与える作用が働きます。 また、食事前はもちろん、小腹が空いた時にもその空腹を満たす際に取り入れるのもおすすめです。

基礎代謝がアップする

体の生命活動維持には、基礎代謝が必要です。これは、肥満と深い関わりがあるのですが、加齢によって基礎代謝は下がります。 また、運動不足での筋肉量低下、不規則な食生活なども基礎代謝低下の要因です。 このように、基礎代謝低下は、血液循環の悪化や皮下脂肪蓄積に繋がり、太りやすい体質になっていきます。 青汁の栄養素には、基礎代謝アップの働きがあり、基礎代謝低下の原因のひとつである不規則な食生活の改善が出来ます。

血糖値の上昇を緩める

青汁に含まれている食物繊維には、血糖値の上昇を緩める働きがあり、食事前に青汁を飲むことでご飯や麺、 パンといった炭水化物の吸収を穏やかにし、肥満の原因でもあるインスリンの分泌を抑える作用が期待できます。 また、牛乳に含まれたタンパク質にも血糖値の上昇を緩める効果があることから、青汁と牛乳を割って飲むと相乗効果でさらに上昇スピードを緩めることができます。

青汁ダイエットのやり方とは?

食前に飲んで脂肪が付きにくい体へ

青汁を飲むおすすめのタイミング

「青汁を飲むだけ」と言っても、効果的にダイエットを行う場合には摂取するタイミングもポイントになります。おすすめは、食前に飲む方法です。 食前に飲むことによって、食物繊維効果でお腹が膨れた状態での食事になり、満腹中枢の刺激が早く伝わるので、食べ過ぎ防止に繋がります

青汁を食前に飲むことで脂肪蓄積の予防になる

また、炭水化物を摂取する前に、青汁によって野菜の栄養を先に体内へ取り込むので、血糖値の上昇が緩やかになりインスリン分泌が抑制されます。 なので、血糖が脂肪変化されにくく、脂肪蓄積の予防も期待出来ます。

運動前に飲んで脂肪燃焼をサポート

運動前やお出かけ前に飲む方法もあります。これは青汁の「脂肪燃焼」効果を期待したものです。 青汁に多く含まれているビタミンBに脂肪燃焼効果があります。 ただ青汁を飲むだけでなく、運動前やお出かけ前など、 意識的に動く前に飲むことによりさらに脂肪燃焼効果をあげることができるのです。 日常的に運動をする人や、通学や通勤時間の長い人におすすめの方法です。

継続して飲み続けることがポイント

青汁は、薬ではありません。なので、1度飲んだからと言ってダイエット効果が出るものでは無いです。 飲んで直ぐ効果が出ないからと、継続して飲むことを止めるのは勿体無いです。 少し時間は必要ですが、体内に青汁の栄養素が満たされていくまでには、最低でも1ヶ月程度は時間がかかります。 そして、1ヶ月継続することで、ようやくダイエットのスタートラインになります。 なので、青汁を飲むことを習慣化し、健康的にダイエット出来る体を作っていきましょう。

青汁に飽きないダイエットレシピ!

青汁・ヨーグルト

青汁・ヨーグルトは、朝食前がおすすめです。ヨーグルトのずっしり感が満腹感を得やすくしてくれます。 また、ヨーグルトには善玉菌が含まれているので、青汁と一緒に摂取することで腸内環境改善の相乗効果を得られます。

青汁・お味噌汁

青汁・お味噌汁は、朝食に加えるのがおすすめです。 お味噌汁にも野菜を入れ、さらに青汁を溶かすことで、普段のお味噌汁では摂取出来ないビタミン、ミネラル、食物繊維などをしっかり摂取出来ます。 また、お味噌汁には塩分も含まれているので、朝出かける前に摂取することで発汗による塩分喪失防止にもなります。

青汁・豆乳・きな粉・胡麻

青汁・豆乳・きな粉・胡麻は、朝食前がおすすめです。牛乳より豆乳はとろみがあり、満腹感も得られやすいのが特徴です。 また、豆乳やきな粉には女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンが含まれており、美容効果も期待出来ます。 ダイエットをして疲れた体へ栄養補給におすすめのドリンクです。

青汁・グレープフルーツジュース

青汁・グレープフルーツジュースは、運動前がおすすめです。 グレープフルーツジュースが合わさると、青汁特有の青臭さを減少してくれます。また、柑橘系フルーツのスッキリした後味が、口の中をサッパリさせます。 グレープフルーツジュースは、ビタミンCが豊富なのでダイエット中に不足するビタミンCを補給し、 肌代謝改善にも効果的です。

色々味を変化させて楽しめる

青汁を継続的に飲み続ける為には、摂取の仕方にもバリエーションは必要ですよね。 青汁だけ飲み続けるとなると、飽きてしまって飲みたくなくなる方もいるかも知れません。 なので、色々なものに混ぜて味変して楽しみながら飲みましょう。 また、単に飲みやすくする為でなく、青汁と一緒に摂取することでダイエットの相乗効果も期待することが出来ます。

まとめ

ここでは、青汁のダイエット効果とお勧めのダイエットレシピをお届けしてきましたが、いかがでしたか? 青汁は、腸内フローラを良い状態で維持出来るので、太りにくい体を作っていきます。 継続的に摂取していきながら、じっくりと体内環境を整えて、体内から痩せる体作りをしていきましょう。
ワンランク上の桑「創輝」を使った身体が喜ぶレシピ集

シンプル調理で栄養満点。手軽で美味しい桑「創輝」を使ったレシピをご紹介。

おすすめの記事