桑の青汁、どんな人に効果的?
桑の青汁、どんな人に効果的? 青汁を飲むきっかけで多いのは「野菜不足」を補うため。 生野菜では量をとれない、調理するには時間や手間がかかる…。 体に必要とわかっていても、野菜摂取のハードルは意外と高いものです。 そんな時、青汁はとても手軽。野菜を食べながら、必要な栄養をプラスしたい人に理想的なのです。

青汁に含まれているもの

健康維持に不可欠な栄養を安く手軽に摂取できる

厚生労働省が推奨する一日の野菜の摂取量の目標は350グラム。 これを普通の食事だけで摂ろうとすると、かなり手間とコストがかかります。 野菜ジュースという方法もありますが、含まれる糖分に要注意です。 青汁なら糖分は低く、手軽に野菜に含まれているビタミン、ミネラル、食物繊維などの 健康維持に欠かせない大事な栄養を補うことができます。

青汁と野菜などで摂取できる栄養の比較

ビタミン類

体の調子を整え、疲労回復したり、他の栄養素をからだに吸収する手助けをしてくれるビタミン類は ・ビタミンB1…乾燥海苔の約6枚分 ・ビタミンB2…乾燥海苔の約6枚分 ・ビタミンC…パセリの約2本分

カルシウム

健康な骨や歯を作るのに必要なカルシウムは ・牛乳コップ10杯分

マグネシウム

カルシウムと同じく骨や歯を作るのに欠かせないうえに、体内では作られないマグネシウムは ・ごぼうの約1.5本分

カリウム

人が生きていくうえで最も基本的なミネラルのひとつであり、高血圧を防ぎ、血圧を下げる効果のあるカリウムは ・干し大根の約1/2本分

鉄分

女性が不足しがちな鉄分は ・ほうれん草の約17倍

食物繊維

腸内をきれいにしたり便通を良くしたりする働きがある食物繊維は ・しめじの約10倍

青汁の効果

体重が増えてしまった、便秘に悩んでいる人に

青汁に含まれる食物繊維は不要な物質を体外へ排出しやすくすることで、 腸内環境を整える働きや便秘の改善が期待できます また、糖質や脂肪分の吸収を緩やかにする働きも期待されており、肥満傾向の方にもおすすめです。

カルシウム不足が気になる人に

青汁、特に桑の青汁にはカルシウムが豊富に含まれています。その量は牛乳の約33倍 「カルシウム不足」が原因で起きる体の異変には ・骨がスカスカになる骨粗しょう症 ・生活習慣病の一番の原因である動脈硬化 ・心筋梗塞や脳卒中など重大な病気を招く恐れのある高血圧 ・40歳を過ぎてから発症しやすい糖尿病 ・歳を重ねるとともに骨量の減少による老化 また、ストレスによってカルシウムは体外に捨てられてしまうので、ストレスを感じやすい人は 積極的にカルシウムをとった方がいいでしょう

血圧が気になる人に

青汁に含まれるカリウムや食物繊維は塩分の排出を助け、マグネシウムには血圧を下げる効果があると言われています。 血圧がちょっと高いかな、と気になる人には食事に気をつけつつ、青汁を飲むことで血圧コントロールを期待ができます

桑の青汁をおすすめしたい人

血糖値が気になる人に

桑の青汁には、糖質の吸収を抑制するとされる「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」が含まれているので、 血糖値が気になる方に特におすすめです。

腸内環境を整えたい人に

桑の青汁に多く含まれる食物繊維が便秘解消や腸内環境を改善し、 それによって「肌質が改善」「痩せやすくなる」「免疫力アップにつながる」という効果もあります。

老化防止したい人に

桑の葉には、豊富なケルセチン3-マロニルグルコシド(Q3MG)が含有されており、優れた抗酸化作用を発揮します。 それにより悪玉コレステロールの抑制、アンチエイジングにも効果的です。

まとめ

今回の記事で、あなたにも桑の青汁によってもたらされる多くのプラス要素をご理解いただけたかと思います。 毎日の食事の中だけで健康維持に必要な栄養素すべてを摂取することは簡単ではありません。 あなたがこれからも健康に人生を楽しんでいくサポートができればと思います。 あなたもこれを機に食前に1日1杯、桑の青汁を始めてみませんか。
栄養がギュッとつまった良質な桑「創輝」のこだわり

健康の強い味方桑「創輝」は八王子で誕生しました。栄養が豊富な理由をご紹介します。

おすすめの記事