健康茶として注目される桑の葉茶!桑の葉の効果・効能とは?
桑の葉は、蚕(かいこ)の餌として知られていますよね。 そんな桑の葉は、力強い健康効果を発揮する栄養素が沢山含まれています。 昔から漢方でも使用されており、健康を維持する為に役立ってきた葉です。 ここでは、そんな桑の葉茶についてお届けします。

桑の葉茶とは?

桑の葉の歴史

そもそも桑の木とは、昔から日本や中国で生息しているもので、蚕の餌として有名なことはもちろん、漢方として桑を乾燥させて活用していた歴史もあります。 特に、桑の葉は、煎じて飲むことで優れた健康効果があると言われており、これが桑の葉茶の原点となっています。 また、ハーブ界では桑はマルベリー、漢方界では桑白皮(ソウハクヒ)と言われており、桑の葉茶に含まれる成分が、健康茶の中で大きく注目を浴びる存在になっています。

桑の葉が注目される理由

桑の葉茶で大きな注目成分に、1-デオキシノジリマイシンが挙げられます。この成分は、桑の葉はもちろん大豆発酵食品などにも含まれるものになります。 難しい成分名ですが、1-デオキシノジリマイシンには糖吸収の抑制効果があり、日本では鎌倉時代に糖尿病治療で桑の葉が使用されていた文献が残っている位、健康薬として素晴らしい成分なのです。 桑の葉ならではのこのすごい成分が糖質の吸収を阻止してくれることにより、高血圧、脂質異常、肥満や血糖値などに効果があります。数ある健康茶の種類の中でも桑の葉茶でしか摂取できない生活習慣病予防の救世主のような成分なのです。

桑の葉の効果効能

桑の葉茶の効能には、血糖値上昇抑制があるので糖尿病予防に効果があります。また、高い抗酸化作用があるポリフェノールも含まれているので、老化原因の元である活性酸素減少にも効果を発揮します。 さらに、鉄分、カロテン、カルシウムも豊富なので、貧血や骨粗しょう症対策として滋養強壮作用も備わっています。 他にも、食物繊維も豊富なので、便秘解消、美肌、ダイエットにも効果を発揮し、トイレの回数が増えることで老廃物の排出感覚もあり、体への効果を実感することが出来ます。

桑の葉茶で期待できる健康効果とは?

血糖値上昇の抑制

桑の葉に含有される1-デオキシノジリマイシンを食前に摂取すると、食事中の糖質を小腸で吸収することからブロックしてくれます。 実際に、桑の葉茶を愛飲されている方で、糖対策で飲用している方は多くいます。 また、最近は糖質制限ダイエットも流行っていることからも、ダイエットを目的に桑の葉茶を取り入れている方も増えています

エイジングケア

桑の葉茶に含有されているQ3MGと言うのは、抗酸化作用を期待出来るフラボノイドの一種になります。 また、コレステロール値や肝機能なども改善が期待出来ます

便秘・腸内環境の改善

桑の葉茶には、便秘・腸内環境に大事な食物繊維も含有されています。 食物繊維と言えば、皆さんが一番に思い浮かべるのは便秘ですよね。 桑の葉茶で便秘解消や腸内環境改善が期待出来ますので、腸内環境が整います。 なので、肌質改善、痩せやすい体、免疫力アップなど、色々なメリットにも繋がっていきます。

桑の葉が持つ豊富な栄養成分とは?

桑の葉の栄養成分に注目が集まる理由

桑の葉には、カルシウム、マグネシウム、鉄分など、体に必要なミネラル、ビタミン、亜鉛、食物繊維など栄養成分が豊富に含まれています。 なので、お茶をはじめ青汁の原料としても大きく注目されている健康茶です。 昔は、数える程度しかなかった桑商品も、現在は薬に頼らない健康維持食品、補完療法で健康にアプローチ出来るものとして、高い期待が桑に集まっています。

お手軽にカルシウム補給

カルシウムは、骨の健康をサポートする栄養素ですよね。 しかし、それ以外にも精神安定、心筋の正常機能、血液凝固作用促進など、私達の生命維持で重要な役割を担う存在です。 ダイエットで食事制限している方の中には、カルシウム不足の人も意外に多いです。 また、女性であればホルモンバランスの影響を受けて、骨粗鬆症を引き起こすリスクが高まります。 そんなリスクにも桑の葉茶は役立つことが出来るので、日常生活で桑の葉茶を取り入れて健康維持を意識することが出来ます。

不足している食物繊維の補給

桑の葉には、食物繊維も豊富に含まれています。 食物繊維は、体内吸収されないですが健康維持には大切な成分で、第六の栄養素と言われている位です。 体内で食物繊維は便通にアプローチして、善玉菌の餌となり腸内環境改善が期待出来ます。 また、食物繊維は低カロリーなので、色々な生活習慣病予防もサポートします。 このように、健康維持やダイエットに強い味方になってくれるので、お腹のスッキリ感を得たい方、ポッコリお腹が気になる方には、桑の葉茶はお勧めです。

糖代謝に必要な亜鉛

亜鉛は、新陳代謝、エネルギー代謝、免疫反応など、色々と体内の働きを正常にサポートする役目を担っています。 また、糖代謝に必要なインスリンを生産する為にも必要な栄養素であり、血糖値を下げることにも役立ちます。 さらに、皮膚や粘膜の健康維持を助けるので、免疫力アップや風邪予防にも効果を発揮します。 主に、亜鉛は、骨格筋・骨・皮膚・肝臓・脳・腎臓などにある成分で、タンパク質合成に関わる酵素材料であり、体内で作り出すことは出来ないので食事で摂取する必要があります。 なので、日頃からお茶で摂取可能な桑の葉茶は重宝出来る存在です。

血液を作る鉄

鉄は、体に必要なミネラルの一種です。 特に、運動する時には多くの酸素を必要とし、体にかかる衝撃で赤血球が壊れることもあり、普段の日常生活より鉄を沢山消費します。 なので、血液を作る為に必要な栄養素なのです。 日本人女性は、4人に1人が貧血と言われており、鉄不足には気を付けたいところです。 コーヒー、紅茶、緑茶にはタンニンと言って、鉄吸収を阻害する成分が含まれていますが、桑の葉茶にはタンニンも含まれておらず、そう言った点もメリットです。

アミノ酸の一種GABA

桑には、GABAと言われるアミノ酸の一種も含まれています。 動物、植物、微生物など非タンパク質構成アミノ酸であり、体内ではグルタミン酸から作られています。 GABAは、脳内の抑制性神経伝達物質として働きがあり、不安や興奮状態を緩和する精神安定作用を持っています。 また、交感神経から出るノルアドレナリン放出を抑制し、血圧低下作用にも効果を発揮します。 近年、GABA入り発芽玄米やチョコレートなども販売されており、GABAの有用性も注目されていますよね。

ノンカフェインで安心

例えば、妊娠さんや胃が弱い方をはじめ、カフェイン摂取を控えている方、摂取量を制限している方などが現代では増えていますよね。 桑の葉茶はノンカフェインなので、毎日気にせず飲むことが出来るのもメリットです。 なので、妊婦さん、お子様、赤ちゃんでも安心して飲むことが出来ます。 このように、ノンカフェインのドリンクは、カフェインを摂取するべきでは無い方も安心・安全に飲むことが出来、身体に優しいドリンクで健康をケアしていけます。

まとめ

ここでは、桑の葉茶の効果・効能についてお届けしてきましたが、いかがでしたか? 桑の葉茶には、豊富なビタミン類、亜鉛、カルシウムなど、沢山の栄養素を含んでいるお茶です。 「サプリメントを飲むことには抵抗がある…」そんな方にも桑の葉茶はおすすめです。 皆さんも、桑の葉茶で健康茶生活を始めてみませんか?
従来の桑より「創輝」は優秀?!

健康の強い味方、桑「創輝」。
栄養バランスが優れている理由をご紹介します。

おすすめの記事