血糖値を下げる青汁やお茶を飲む最適なタイミングとは?
水分をよくとることは血糖値対策になります。 糖尿病を患っている方は、特に水分不足は大敵なので、水分摂取量を増やして血糖値が下がりやすくしたいものです。 気をつけたいのは、飲み物の種類によっては補給時に血糖値が上がってしまう場合があること。どんな飲み物や成分がいいのか、紹介します。

血糖値対策におすすめの飲みのもとは?

無糖か麦茶がおすすめ

血糖値に不安がある方は「無糖・ノンシュガー・糖分ゼロ」の飲み物を選びましょう。100ml当たりの糖分が0.5g未満の飲み物が「無糖・ノンシュガー・糖分ゼロ」と表記されます。手軽な飲み物では「麦茶」がいいでしょう。

麦茶を2倍の濃さで作ると効果的

麦茶に含まれる天然アミノ酸の一種であるGABAが、身体に溜まった余分な塩分を排出してくれるため、むくみを予防血圧を下げる効果も。血液に含まれるコレステロールや中性脂肪も抑制します。 このほか、血液をサラサラにして血流を促進してくれるピラジン、コレステロールの減少効果も期待できるPクマル酸なども含まれています。自宅で作る場合は2倍の濃さにすると、効き目もUPします。

緑茶にも有効成分が豊富

「緑茶」にも有効な成分が含まれています。カテキンには、抗酸化作用、抗炎症作用、抗血栓作用など血管を保護する効果があります。 ポリフェノールには肥満を予防する効果カフェインには身体のエネルギー消費を促す作用、基礎代謝の向上が期待できます。

血糖値があがってしまう意外な要因とは?

市販の〇〇には要注意!

市販の野菜ジュースは血糖値が上がりやすいため注意しましょう。野菜には炭水化物が含まれるものも多く、「炭水化物=糖質」なので、糖質を過剰に摂取してしまうことがあるのです。

ジュースよりも固形がおすすめ

果物も固形で食べる場合には、よく噛むことで血糖値の急上昇を防ぐことができます。ところが、ジュースにして飲むと血糖値が上がり、糖尿病リスクが上昇してしまいます。 野菜や果物はジュースにすると食物繊維や栄養の量も減り、短時間に血糖値を上げやすい果糖が多くなるので、気をつけましょう。

桑の葉茶は血糖値対策になぜいいの?

桑の葉は他の植物の中で、天然特有成分「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」を一番多く含んでいますこのDNJが食後の血糖値上昇を抑制することがわかり、近年、血糖値対策や糖尿病予防効果UPに期待が高まっているのです。 麦茶、緑茶、紅茶などの普段の飲み物を1日1杯、桑の葉茶に変えるだけで、手軽に血糖値対策を強化できます。
いつものお茶を「創輝」に変えると体が変わる!その秘密とは

いつものお茶を「創輝」に変えると体が変わる!その秘密とは
栄養バランスに優れている「創輝」毎日の食生活で摂取したい栄養分が優れている理由をご紹介します。

おすすめの記事