真面目に朝ごはんでダイエット!

よしダイエットするぞ!と思いついたら、まずは食事制限する人は多いでしょう。 甘いもの、油っぽいものは避けて、食事の量を少なくするなど。

しかし、無理な食事制限は続かず、健康にもよくありません。鍵を握るのは、朝ごはん。 どんなものがダイエットに効果的なのかを紹介します。

朝ごはんはダイエットになぜいいか

朝起きたときの体は空腹状態です。 朝ごはんを、しっかりとポイントを押さえて食べることで次のような効果が期待できます。 • 一日の代謝を上げる • 血糖値の急上昇を防止する • 筋肉量を守る • 体の基礎代謝を上げる これはダイエットにも直結するメリット。 痩せ体質を目指すなら朝ごはんで体を目覚めさせる事で、カロリーを消費しやすくしましょう

ダイエット中に理想な朝ごはん

タンパク質の摂取で「痩せ体質」に

朝は代謝が低くなっている時。朝ごはんを食べることで体が目を覚まし、代謝アップへとつながります。 特にタンパク質は、筋肉の材料となるので大切です。筋肉は代謝を上げるのに必要不可欠なのです。 朝にしっかりとタンパク質を摂ることで、筋肉が減ってしまうのを防止し「痩せ体質」へと近づきます

朝におすすめなのは「卵」

「卵」は、タンパク質を手軽に摂るのにおすすめの食品です。しかも生卵、卵かけごはんが良いのです。 卵は加熱した状態よりも生で食べたほうが消化に良く、卵かけご飯にすることでサラサラと食べやすくなります。 卵の優れた所は、ダイエットに必須である質の良いタンパク質が含まれ、体内での利用効率も高い所です。 体温を上げる為にもタンパク質は効果的です。 カルシウムの吸収を促進させるビタミンD、エネルギーの代謝に関わるビタミンB群、 鉄やカルシウムなど各種ミネラルも含まれている万能選手と言えるでしょう。

ご飯なら白米よりも雑穀米や玄米がおすすめ

ご飯は白米よりも雑穀米や玄米なら、ミネラルや食物繊維が大幅にアップするので、ダイエットに向いています。 完璧な和食を作ることは難しくても、意識してタンパク質を摂取するだけでも理想の朝ごはんに近づけるはずです。

桑の葉青汁でダイエット効果をさらにプラス

朝ごはんは、きちんと考えて食べたほうが良いのですが、食事として摂るのがなかなか難しい場合もあるでしょう。 そんな時は、桑の青汁を朝食に加えてみては。 少し甘みがあって飲みやすく、牛乳などに混ぜてホットでもコールドでも美味しくいただけます。 桑の葉青汁の最大の効果は「糖の吸収を穏やかにすること」。 朝食でとる炭水化物(米、パンなど)の糖分もダイエット中は気になるので、 食べる前にコップ1杯飲むのがおすすめです。
おすすめの記事