桑の青汁「創輝王」定期お届けコース 桑の青汁「創輝王」のおいしいレシピお客さまの声

送料無料・代引手数料無料

農商工等連携事業認定について

農商工等事業計画とは?

経済産業省と農林水産省が合同で農商工等連携促進法に基づいて、下記の目的を達成するために連携事業者を5年間認定しサポートする事業です。
この事業に創輝鰍ヘ申請し、平成20年の第2号認定として採択され事業活動を展開しています。

目的

中小企業者の経営の向上及び農林漁業経営の改善を図るため、両事業者が有機的に連携し、それぞれの経営資源を有効に活用して、新商品の開発・生産若しくは需要の開拓を行うものです。

地域 東京都八王子市 認定日 平成20年12月16日 通巻番号 3-20-024

事業名 新規性の桑「創輝」の育成及び商品開発と販売
連携体 中小企業者:創輝(茶類卸売業)
農林漁業者:谷津農園(農業)
連携参加者:学校法人創価大学、ユメックスGL侃且R田園、兜x士フーズ、潟Tニーフーズ
サポート機関等 多摩信用金庫、地域活性化支援事務局

事業概要(連携の経緯、商品等の新規性・市場性・競争力)

商品・サービスのイメージ

◆連携の経緯
谷津農園では、創価大学の協力のもとに新品種の桑「創輝」開発に成功し、 八王子市の特産品として商品化の機会を模索していた。 八王子市で優れたお茶加工知識・経験などを持つ創輝株式会社は、 自社のノウハウを活かせる谷津農園と連携体を組むことで、、 八王子市を中心とした栽培・刈り取りから販売迄の一気通貫の仕組みづくりを行い、 桑茶をはじめとして付加価値の高い新商品を開発することが可能となった。

◆新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力
桑茶商品だけでなく、 抹茶に近い特徴と甘味・旨味を活かして健康弁当セット用桑パウダー茶や大学生協中心の桑紙パック茶、 食品配合用等の商品開発を進め、従来以外の新市場で桑需要を創出する。 また、桑商品市場(60億)は少しずつ増加傾向にあり、「創輝」は臭みが少なく、 甘味・旨味が強いなど既存品種と異なる優位性を持つことから 「美味しくて健康的な桑食材」としての差別化が期待できる。



連携体の構成と活用する経営資源

連携体の構成と活用する経営資源の図


◆本連携に伴う新規雇用創出者数…5名 (平成24年度連携体全体)
◆桑生産農家の復活から八王子特産品開発販売までの一気通貫による地域活性化

◆会社名(所在地): 創輝株式会社 (東京都八王子市新町1-5八王子ユメックスGLビル5F)
◆電話番号 : 042-631-9111
◆FAX番号 : 042-631-9110
◆E-mail : info@sohki.net
◆ホームページ : http://sohki.net